成功の反対は失敗ではなく「やらないこと」だ

世界で通用するには「ノリ」が大切?

今年9月、テニスの錦織選手が全米オープンで準優勝を果たしました。これは日本人としては快挙で、ベスト8に入ったときから日本中が沸きました。
 勝負の世界で必要なものはなんだろう。私はこのニュースを思い出して、改めて考えてみました。スポーツで、仕事で、恋愛で。人生のいろいろなところで、相手や自分と勝負する機会があります。そんなとき、何を大事にしていれば勝てるのでしょうか。または、後悔しない勝負ができるのでしょうか。
 「いざというとき必要なのは、ノリだ」と、思います。ここぞという瞬間に、いかに自分の心がノッているかということだと思います。この「ノル」とは、なんとも言葉では表現しがたい心持ですが、勝負のときに最高潮に達するように、気持ちを合わせていくことが重要ではないかと思うのです。
 などと偉そうに書いていますが、私がこれまで挑んできた勝負など、錦織選手に比べたら月とすっぽん、雲泥の差でしょう。世界を翔るアスリートの気持ちは、私にはとても想像できませんでした。
指原 脱毛